取り組み
2017.01.19 thu

【ハッピートレード】チチカカが続ける、幸せの架け橋。

HAPPY TRADE COLLECTIONは、2011年の秋冬から販売がスタートしました。
「生産者の人々の暮らしを守り、文化をつなぎ、日本と世界に幸せの架け橋をつくる」をテーマに、伝統技術を施したオンリーワンアイテムをお客様にお届けしています。

毎シーズン、中南米各地の刺繍や編み物など、その地に根付く手仕事で仕上げられた素材を使って、チュニックやカーディガンといった衣料と、ポーチやバッグなどの雑貨を生産しています。

▲ペルーアヤクーチョ村の技術、手刺繍が施された2016年秋冬のコレクション

このHAPPY TRADE COLLECTIONのプロジェクトで最も大切にしていることは、伝統的な技術を守っていくために、現地の生産者の方々と「継続して仕事をする」ということです。

現地の生産者は、主にその地域に暮らす女性たちです。家事や子育ての合間に、刺繍などの仕事をします。技術を守るには、この技術を活かした仕事をすることで収入が得られることや、時間のかかる手仕事を行う時間を確保すること、そして後継者の育成など様々な支援が必要だと考えました。

そこで、一部の対象アイテムの売上金の5%を、伝統技術を守るための支援に使用し、現地に還元しています。例えば、2013年春夏に発売されたメキシコの手刺繍シリーズの還元資金は、現地の生産者の方々と相談の上、仕事の効率を上げるための物資購入にあてられました。

▲2013年春夏に販売されたメキシコの手刺繍が施されたコレクション

このシリーズの生産者である村の女性たちは、それぞれが暮らす家で刺繍をしますが、家に照明がないため、暗い中で仕事をしなければなりませんでした。そこで、暗い中でも作業がしやすいように、LED照明・ルーペ付き卓上照明・卓上照明用電球の三点セットと、希望者には老眼鏡も購入しました。なかには泣いて喜んでくれた方もいたそうです。

▲還元品を受け取った村の女性たち

また、この様な物資の支援だけではなく「継続して仕事をする」そのこと自体が、伝統技術の継承に繋がると考えています。そして、お客様にも生産者の顔や背景を知ってもらうことで、商品により愛着がわいて大切に着てもらえると信じています。

これからも、常にチチカカに関わる世界の仲間の明るい笑顔を絶やさないように、お客様にこの素晴らしい技術と、独特でかわいらしいアイテムを身に着けて笑顔になってもらうために、この活動を続けていきます。

HAPPY TRADE COLLECTION 2016年秋冬ラインナップはこちら▶

text:zaki

【ハッピートレード】チチカカが続ける、幸せの架け橋。

2017.01.19

一つ目先の記事に戻る
一つ目前の記事に戻る