世界の文化
2017.01.19 thu

【柄のお話】「チョリータ」の世界。

2016年秋、衣料のラインナップの中でスタッフ一番人気の「チョリータシリーズ」。
総柄・大柄・カラフル!チチカカスタッフが大好きなこの三拍子。でも、人気の秘密はそれだけじゃありません。

▲チョリータ チュニック&ロングスカート

チョリータシリーズは、チュニックとロングスカートの二種類。
「チョリータ」とは、この柄の中にいる、帽子を被ったおさげ頭の人物のことです。

▲リャマ&チョリータの柄

チョリータは主にボリビアやペルーで、先住民(インディオ)の血を引く人々のうち、女性のことを言います。高山帽に長い三つ編み、ボリュームたっぷりのスカートにショールを肩にかけた姿は、日本人の私たちから見ると、とってもめずらしくかわいらしい!このような服装はチョリータの特徴でもあります。この柄の中にいるチョリータは大きな荷物を背負っていますね。伝統技術でもある、現地の手織物でできた布を風呂敷のように使い、荷物を運んでいます。また、メルカドと呼ばれる市場で、商売をするチョリータも。カラフルに描かれたチョリータの暮らしは、お洋服の上で今にも動き出しそう!着ると、なんだかわくわくするようなアイテムです。

▲実際のチョリータ

こちらが、チョリータと呼ばれる女性。
まるっとしたシルエットや、特徴的な衣装がたまらなくかわいい…!


遠い国の風景が描かれたお洋服なんて、とってもわくわくしますね!現地のチョリータたちが見たら、どんな反応をするのでしょうか?彼女たちの暮らしや、衣装についてもっと知りたくなってしまいます。
これからも、アイテムの気になる柄やモチーフについてご紹介してきます。

次回またお楽しみに。


チョリータシリーズはこちら▶

text:zaki

【柄のお話】「チョリータ」の世界。

2017.01.19

一つ目先の記事に戻る
一つ目前の記事に戻る

知ってもっと好きになる